いづみが実際に行ったパワースポットのご紹介や自作パワーストーンアクセサリーの紹介など・・・ ぼちぼち進めていけたらと思ってます!末永くよろしくお願いします(*^^*)
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015年11月23日 (月) | 編集 |
娘の話です。ある暑い夏の日、娘と友人Aさんはアイスクリームを買おうと大手スーパー食品売り場に行きました。
娘が某有名メーカーの抹茶アイスを手に取り、
「Aさんも食べる?」
と聞いたところ、娘は友人Aさんから衝撃の告白を受ける事となります。

「抹茶アイスは食べちゃダメなの・・・
「なんで
「福島のお茶が入っているかもしれないからママがダメだって。あと、桃関係もダメなんだ。。。」
「    」

当時娘は中学1年生。。。友人ももちろん中学1年生。。。
思いもよらない衝撃を胸に、納得いかない娘はうちに帰ってくるなり
「どう思う    」
私に詰め寄り怒涛のように話し始めました。私は
「こういうのって、なんて言うと思う?・・・
風評被害!
スーパーで売っているものを信用できないなら山にでも籠って自給自足の生活をすれば良いと思う
何を信じるかはそれぞれだし、自給自足をするのも大いに結構だけど、根拠の証明できない不安要素だけで人に迷惑をかけるのであれば、それは迷惑以外の何物でもない。風評被害はこういうとこから始まる。うちはそんなもん気にしない!ダメなら流通しない!まかり間違って少し食べちゃっても、仕方ない!もっと心配しなきゃいけない事はたくさんある 以上

「じゃ抹茶アイス食べる

皆さんは、このやり取りを聞いてどう考えますか?
お子さんをお持ちのお母様方であればAさんのお母様の気持ちは多少なりとも理解は出来るのではないでしょうか。。。
かわいい子に出来る事なら危険性のあるものは口にしてほしくない。
ジャンクフードをあまり食べさせないようにしようとする親心の一環なのでしょう。

気持ちは解ります。。。

では、娘達の会話は「正常」でしょうか。。。「異常」でしょうか。。。
「母の想い」だけ汲むのなら「正常」かもしれませんが、私は「異常」だと思ったので娘に先に記したように話しました。
皆さんはこの問題の論点はなんだと思われますか?
あえてここでは「正常」「異常」という言葉を使わせていただきましたが、子供たちが健やかに育つという意味合いでは、
私は異常だと感じます。

その後、娘と何が「異常」と感じさせるのかの話をしました。
我が家では、安易に口に出した事の話となりました。

スーパーで何にお金を払い、何を手に取らないかは最終的に消費者本人が決める事だと私は考えます。
しかしながら、その個々の判断であるはずの決断を揺るがすような話を安易にするのはどうなんでしょうか。
今回の事に置き換えると、要はAさんが抹茶アイスを買わなければ良いだけで、その理由を話したのがまずいのではないかという話になりました。

もしその時、福島から来た転校生が居たとしたら、Aさんは同じ事を口に出して言っていたでしょうか。
もしその時、店内に福島の映像を流している広告などが有ったらどうでしょう。
もしその時、「頑張ろう東北、頑張ろう福島」などのステッカーやPOPが目に入ったら、
Aさんは同じ事を口に出して言っていたでしょうか。

目の前に「気遣うべき対象」「思いやる対象」が有る時は自然にできる事も、その対象が目の前に具現化してないとそのようにならない。

この差はどこにあるのでしょうか。。。

長文になってきたため。。。その2に続きます。。。
関連記事
スポンサーサイト
テーマ:日々のできごと
ジャンル:ライフ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。