FC2ブログ
いづみが実際に行ったパワースポットのご紹介や自作パワーストーンアクセサリーの紹介など・・・ ぼちぼち進めていけたらと思ってます!末永くよろしくお願いします(*^^*)
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016年03月17日 (木) | 編集 |
娘が中1の三学期、事件は起きました。。。

学校紹介のページの挿絵のようなもの友人と二人で担当することになり、担任の先生から下書き用紙を預かり、二人は近くのファミレスで挿絵の考案を始めたのですが、友人が宿題を先にやりたいとの事で、娘がまず下書きをする手筈になりました。

娘の下書き作業は順調に進み、友人の宿題も終わり、目処が立ったしスーパーに寄ってから帰ろうという事になったそうです。

別れ際、念のため下書きを見直そうとした時。。。下書きが終わっていた筈の清書用意が無い事に二人で気が付きました

あわてて探したものの、紙は見つからず、門限は迫り。。。先ほどのファミレスに戻ることも出来ない状態。。。
そこで、二人は翌日先生に紙に関しては無くしてしまったことをお詫びし、とりあえず似た紙に書いて提出しようという事にしたそうです。
結局、書き直しをどうするかという話になった時、友人の子から
「あたし宿題してて何にもしてないから、書いてくれた絵も大体覚えてるし、構図も考えてくれたし、あたしが家で書き上げてくるから大丈夫
と言ってくれたそうです。
そこで、娘は御礼を言った上で作業を任せ、紙を無くした事に関しては明日二人で謝ろうねと話し、別れたそうです。

その夜私が会社から帰ってきて、娘が私にこっぴどく絞られたのは言うまでもありませんが
自分が預かった責任があるのだから怒られて来いと娘に言いました。。。

翌朝、私の説教が響いたのか娘は高熱を出してしまい、学校を休まざるをえない状況になってしまいました。
昨日の事は気になっていたものの状況から、熱が引いたら倍謝りなさいと話をしました。
友人がキチンと説明してくれると信じていたので。。。その時までは。。。

その日、会社にいた私の携帯に担任から連絡が入りました。。。

先生「娘さんに挿絵を頼んだのですがどこにあるか聞いていただけないですか?」
私「えっ・・・友人に事情は聞いてないのですか?」
先生「友人からは娘さんが知っていると聞きましたが。。。」

・・・どういう事・・・???

私「確認するので少し時間をいただけますか?」

その後、直ぐ家で寝込んでいる娘に電話し、事情を話したところ、本当の事は昨日話した通りだとの事。。。
とりあえず先生が困ってるから学校に連絡するよう話をし電話を切りました。

仕事を速攻終わらせ、家に帰って事情を聴くと、娘も訳がわから無い状態で、
とりあえず、学校への電話で私に話した事と同じ事を先生に話し、電話を切ったそうです。

なぜこのような事が起こったのか。。。友人はなぜ事実を話さなかったのか。。。
疑問が尽きぬまま次の朝、調子はすぐれないものの、熱は引いたので学校に行かせました。。。

その後、衝撃の事実を知る事となります!!!

友人に、昨日何があったのか尋ねると

先生に挿絵はどうしたと聞かれたとの事、
その後なんて答えたかと尋ねると
娘が知っていると答えたというではないですか!!!
なんでそんな事を言ったのか。。。二人で謝ろうって言ってたじゃないと続けると。。。

誰だってそういう立場になったら嘘ついちゃうよ。。。  

会社から帰ってきた私に娘が「ねー聞いて」と怒涛のごとくしゃべり始めたのは言うまでもありません。。。

その友人は学校では勉強も出来るそこそこ普通なだそうで。。。
そういう子はいつでも裏切るから関らないようにした方が身のためと娘に忠告したものの、せっかく出来た友達なので今回の事は赦すつもりと娘。。。
まぁ、痛い目見るのも勉強と思って好きにしろと言いましたが、案の定その後も何度か信じられない事件が起こり、今は自分から関らないようにしているとの事です。

人にはいろいろな面が有るので、悪いところだけをクローズアップするのもどうかと思うけど、人として道を外す奴は所詮そんな奴と思い知らされた事件でした。。。
世知辛い世の中ですね。。。
娘はそんな中学校を今度の3月18日に卒業します   

これには先生絡みで後日談がありまます!!!
それは次回。。。
関連記事
スポンサーサイト
テーマ:日々のできごと
ジャンル:ライフ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。